川崎市宮前区の整形外科・リウマチ科クリニック。東急線「宮前平」駅より徒歩15分、バス停「土橋」より徒歩1分。皆様の「かかりつけ医」としてどんなことでもご相談ください。

当院について

施術・処置のご紹介

テーピング

テーピング

頚、肩、肘、手首、指、背中、腰、もも、膝、足首など、怪我の予防、再発防止、応急処置を目的とします。
当院では、皆さまのスポーツ環境や、日常生活に合わせたテーピングを行います。

ギプス固定

ギプス固定

骨折や脱臼、捻挫など患部の安静を図るために固定を行います。
怪我の場所によって様々な固定素材を使い分けます。
現在は石膏を使うことはなく、軽くて強度のある素材を使います。

RICE処置

RICE処置

RICE(ライス)とは、応急処置の基本であるRest(安静)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)の頭文字をとったもので、骨折、脱臼、打撲や捻挫など、スポーツでよく起こるケガの多くに対応する応急処置す。
処置が早ければ早いほどケガの回復は早くなるので、適切にRICE(ライス)処置を行うことが重要です。

リハビリ再始動!

お問い合わせはメールで承っております 
※ご回答までにお時間を頂く場合がございます。なお、返信は診療時間内となります。
Mail:tsuchihashiseikeigeka@gmail.com